年齢に合った基礎化粧品を使用~50代でつくる美肌応援スキン~

女性

ミルクタイプなどが最適

洗顔

界面活性剤不使用が人気

普段から肌の乾燥や刺激といったものに悩んでいる敏感肌の方に、特に人気のクレンジング剤が、界面活性剤を一切使用していないタイプのものです。界面活性剤は多くのクレンジング剤に含まれており、水と油分の橋渡しを行う働きがあります。この界面活性剤の働きのおかげで、肌の汚れやメイクが簡単に落とせるため、界面活性剤は重要な成分の1つと言っても過言ではありません。しかし同時に界面活性剤は効果が高くて肌への刺激となります。これが敏感肌の方にはよくないので、界面活性剤が不使用のクレンジングの需要がある訳です。また界面活性剤は肌のセラミドを破壊する働きもあります。敏感肌の方にとって貴重な保湿成分がこれ以上失われるのは望ましいことではなく、セラミドの保護という面でも界面活性剤不使用のクレンジング剤の人気があります。

肌に負担が少ないのが特徴

市販のクレンジングには様々な種類があります。クリームタイプやオイルタイプ、ミルクタイプなどで、最近はジェルタイプやオイルフリータイプも多く見られます。また固形石鹸もクレンジングの一種です。この中で敏感肌の方に向けたクレンジングとして特に向いているのが、低刺激で肌への負担が少ないタイプです。例えばオイルフリータイプは、角質を傷つけにくく、皮脂をあまり取らないので肌への負担も少なくて、敏感肌の方にも向いているという特徴があります。皮脂を取らないとさっぱり感が無いので、あまり洗いあがり感を好まない人もいますが、皮脂は保湿成分を保護する働きがあるため、実はあまり落とさない方が敏感肌の方には正解です。他にもミルクタイプも同様に油をあまり落とし過ぎないため、肌への負担が少なく、敏感肌の方へのクレンジングとして向いている特徴があります。